行政書士業務

農地転用

農地転用

「自分の畑に家を建てたい、駐車場にしたい」「農地を売りたい」等の場合、農地転用の許可申請をする必要があります。農地転用とは、農地を農地以外のものにすることで、具体的には、住宅地・工場用地・道路・駐車場・資材置場等にする場合があります。注意すべきは、このような農地転用行為をするには、許可又は届出が必要ということです。農地転用の許可を受けていない無断転用者には、農地法違反として工事の中止や元の農地に復元させるなどの命令が下り、これに 従わない場合には罰則が科せられます。農地転用の必要がある場合は一度お気軽にご相談下さい。

こんな時にはぜひご相談ください

農地を売買したり貸し借りするとき

田んぼや畑などの農地を売ったり貸したりして名義を変えるときには、農地法上の手続きが必要です。

農地を農地以外に使うとき

農地を宅地や工場用地、駐車場や資材置き場など、農業以外の目的で利用するときにも手続きが必要です。その手続きの代行依頼を承っている行政書士です。

無料相談受付中
料金表

農地転用申請における料金体系

手続き 実費は別途
農地法第3条許可申請 60,000円〜
農地法第4条許可申請 130,000円〜
農地法第5条許可申請 130,000円〜
農地法第4条届出申請 42,000円〜
農地法第5条届出申請 42,000円〜
農用地除外申請 180,000円〜
用水・土地改良の協議 40,000円〜

▲PAGE TOP